2011年01月04日

おいしい旅 2010年12月 


2011年  あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。

さて、昨年末から旅行に出かけました。

以下の写真は、旅行で食べたものです。

どこの国へ行ってきたかわかりますか?

↓ 晩飯その1

特大ステーキの右上端のパンは、「塩なしパン」です。

昔、この地方で、

塩がとれなかったので、塩が非常に高価だったことや、

塩に法外な税金がかけられていたことへの

抵抗で生まれたそうです。

さっぱりしていて料理の味が引き立ちます。

yummy14.JPG

↓ 晩飯その2

運河のそばのレストランのテラス席で食べていると、

「あ゛ーっ、オイスター食べてる〜!!!」

偶然通りかかった日本人観光客から悲鳴が聞こえました。

ハイ、生のかきです。

あたったら大変だから、海外旅行中食べるのは避けるべきでしょう。

yummy16.JPG

ムール貝、シャコえび、野菜を

チーズ入りクリームソースまたは、トマトソースをかけて頂きました。

yummu9.JPG

↓ 晩飯その3

小魚、えび、イカ を揚げたもの。サクサクでした。

鶏肉のソテーもオッティモ〜(=おいしい)!

yummy13.JPG

↓ 晩飯その4

この国の首都は、カルボラーナ発祥の地だそうです。



yummy2.JPG

↓ 昼飯その1

そろそろ、わかったかな? 

パスタはコーラやビール、白ワインとよく合うのです。



yummy1.JPG

↓ 昼飯その2

やっぱりこの国ではこれを食べなきゃ〜!

以外にもさっぱりした味で、

これなら毎日食べれそうな気がしました。

マッシュルーム入りは最高!


yummy3.JPG

↓ 昼飯その3

この店に入ったのはちょっと失敗。

水が5ユーロもしました。(1ユーロ=109円くらい)

ボリューム満点だったのでデザートは無しにしました。


yummy4.JPG



↓ 昼飯その4

なんと、てんぷら野菜がパンにはさまれていました!

ほっとカフェラテはガラスのコップ入り!


yummy12.JPG


さて、どこの国でしょうか?

↓ ヒントは、こんなのがある国です。


Itaoisa.JPG


正解はイタリア。  

正解者は次のお休みにイタリアへ飛んで下さい。



但し、飼い主の旅行中、

オウムをペットホテルへ7泊8日もやると、

↓ こんな顔になりますのでご注意!

(リラックスしてるのに顔が不機嫌)

itatorioke.JPG

つづく・・・・。














posted by 裕峰 at 13:35| 兵庫 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | 旅行の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

サンタ・カタリナ・アイランド2005/ Aug.

 年末に新調したプリンターにスキャナがついているので、昔の写真もup出来ました。

Santa Catalina Island(U.S.A.)

ロスのロングビーチ、サンペドロやニューポートビーチからカタリナエクスプレス(船)に乗って約1時間程で、

ロングビーチの南40qの沖合いに浮かんだサンタ・カタリナ島に着きます。

長さ34q、幅113qの島は自然がいっぱい。

お土産屋さんに鳥の置物発見。

どうせおけちゃんに噛まれるだけだ〜と買ってもらえず、写真に撮るだけでしたが・・。 

santa catalina4.pngsanta catalina2.png

8000円〜10000円相当でした。

santa catalina6.png   santa catalina1.png

海岸沿いに散歩道があります。

白色オウム(キバタンだったような・・)を腕に乗せてサイクリングをしていた人を見かけました。

(残念ながら、証拠写真なし)

santa catalina3.pngsanta catalina5.png

1泊しかしませんでしたが、のんびりカリフォルニアの島の休日を満喫!

ロスやサンフランシスコもいいけどこういうところのほうがリラックスできます。

小さいながらも、草原、砂漠、海岸部と起伏に富んだ島なので、ツアーバスも楽しめます。

バッファロー、山羊、白頭鷲、ハミングバード(ハチドリ↓)もいるそうです。

                  hummingbird.jpg

ああ、また旅行に行きたい〜。

posted by 裕峰 at 23:47| 長野 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | 旅行の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

思い出のナミビアA

meat2.JPGmeat1.JPG
ウインドホークの最初の夜、レストランでシマウマの肉やバッファローの肉を食べたと思う。歯痛がひどく、味わう余裕なし。

park.JPGpark2.JPG
街の公園で。           この人はよっぽど疲れているのか?
 
歯痛が我慢の限界に!歯医者に行って虫歯の神経を抜いてもらった。設備は最新式!
camp.JPGostrich1.JPG
3泊4日の砂漠へ行く現地ツアーに参加。お客は8名。車にぎゅうぎゅうずめだ。ドライバー兼ガイドさんは運転で疲れていて、夕飯のしたくがノロノロ・・。そのうち、居なくなったと思ったら、車で眠っていた。
待っていられなかったのでスペイン人夫婦、スイス人母と娘、ドイツ人女性、チャイニーズアメリカンの女子大生と(お客が)協力してシチューを作って食べた。ドライバーにも差し入れ。(ほんとはあなたが作るんでしょ〜!)
 


 
posted by 裕峰 at 23:16| 長野 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 旅行の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

思い出のナミビア2001年8月

DSC00034.jpgDSC00031.jpgDSC00038.jpgDSC00040.jpgDSC00042.jpgDSC00043.jpgDSC00051.jpgDSC00053.jpgDSC00055.jpgDSC00032.jpg
世界最古の砂漠といわれるナミブ砂漠は8千年から1億年の間、ほとんど雨が降らない乾燥した土地なんだそうだ。

Dune(デューン)と呼ばれる砂丘は、含まれる鉱物により、白、グレー、ブラウン、オレンジ、赤などさまざまな色が見られる。
砂漠を訪れる理由は・・・Dune。これを苦労して登ると、<頂上からの絶景と下りの爽快さのおまけ付き>=苦労は必ず報われるという体験ができる。30分〜1時間で達成!いわゆる登山の短縮バージョンなのである。一番最後の写真は、ご覧の通りの大きなDuneで、往復1時間程。(ほとんど登りの時間)頂上ではよその人から水を恵んでもらったほど心臓破りだった。

ナミブとは、コイ族の言葉で『なんでもないところ』という意味だが、オレンジ川付近は良質のダイヤモンド鉱も発見された地下資源に恵まれたところ。決して『なんでもないところ』ではない。ナミビアにあるこのナミブ砂漠は、アフリカ大陸南西部の海岸沿いにある。長さ2000`、幅40〜160`と細長い砂漠だ。

posted by 裕峰 at 17:56| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

U.A.E. ドバイ旅行2005年12月

camel5.JPGcamel1.JPGdesert4.JPGdesert00.JPG
サハラやナミブ砂漠に比べるとやっぱり見劣りする・・・。 
らくだに乗って散歩した。 らくだ〜
Al Ain1.JPGhotel0.JPG

ハヒィート山頂からの眺め。  ↑山頂付近にあるホテル・メルキュール。

こんな所に泊まってみたいような、不便だから泊まりたくないような・・・。(Al Ain中心から35km。)

ドバイってどご?

お金持ちのアラブの国。昔、なるほどザ・ワールドで、ゴールドスークや豪華絢爛なホテルとかを紹介していた。
それを見るもっと昔、U.A.E.出身の人に、「アメリカじゃないよね〜どこよ?」なんて聞いて絶句されたことがある。
しょうがないんで辞書をひいた。 
「アラブ首長国連邦 (=United Arab Emirates)」 首都はアブダビ Abu Dhabi 
今思えば恥ずかしい・・・。

ここは一人でいく貧乏旅行にはむかない・・・ということで長い間、おあずけだった国だが、豪華絢爛とは程遠い?
やっぱりそれなりに貧乏旅行になった。
中部国際空港・関空からエミレーツ航空の直行便が出て便利になっている。
機内も快適!個人手配旅行より、ツアーかパック旅行にするほうが豪華絢爛ホテルに結局安く泊まれることになる。
砂漠の中の高級リゾート、アル・マハ・デザート・ホテルが1泊7万円で空きがあったけれど、今回はやめておいた。
geep0.JPG
Al Ainで宿泊したのはヒルトンホテル。←豪華ではない。

(ホリデーイ○っぽかった。)
チェックインが早かったので朝食をホテルのレストランで食べたら、レジの子がまごついていた。宿泊前の客が朝食を食べることはあんまり無いだろうな・・・。

ここはアラブの国。レストラン内に女性専用の部屋がある。観光客には関係ないけど・・・。

ホテルにツアーデスクがあり、砂漠でディナーのツアーに参加。

(客は私達だけだったので高くついた。)
camel2.JPGdesert2.JPGcamel6.JPG
乗せてくれたらくだ。↑ ディナーは・・・?

二人だけなのでホテルのお弁当BBQになった。

量がいっぱいで食べきれなかった。もったいない。

creek1.JPGcreek2.JPGAbra2.JPG
Al Ainからタクシーで2時間程でDubaiに戻ってきた。

このCREEK=運河のおかげで貿易都市に発展したドバイ。

アブラ(Abra=水上タクシー)で対岸に渡った。
deserted dog.JPGsouq1.JPG 

日用雑貨やスパイスを売る店が集まった、ディラ・オールド・スークの近くでのら犬がついてきた。朝食のパンの残りをあげてみたが、口に合わないらしい。 

しばらくすると、アラブ人のおっさんが来て、のら犬が食べなかったそのパンを拾っていった。

にほんブログ村 旅行ブログへ
posted by 裕峰 at 10:55| 長野 ☔| Comment(4) | TrackBack(2) | 旅行の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

ニースで買ったマルセイユのセミ

CIMG0037.JPG
 
ニースで買ったセミの置物は自宅のトイレの壁にへばりついている。
トイレというと臭うといけないので、モンパルナスタワーからのパリの夕暮れでごまかしておこう。


semi1.JPG

電池が入っていて、ギーギーと鳴くはず。壊れたけど・・・。


 semi magnet1.JPG

こっちはマグネットがついているセミ。
エズで買ったテ−ブルクロスにもセミの柄。
posted by 裕峰 at 10:18| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エズに来るのに16年かかったなあ〜。

CIMG0063.JPGezu Cagne.JPGCIMG0081.JPG
パリからニースまで飛行機で1時間半。ニース長距離バスターミナルからエズまで約1時間。
うまくいけばパリから日帰りできる!ええっつ!憧れのコート・ダジュールにパリから日帰り???
飛行機のチケットは往復2万5千円ぐらい。←もったいない。
しかし、今回を逃すと・・・また、いつエズに行けるかわからない。
16年前はマルセイユまで、12年前はニースまで来たが、後ろ髪をひかれる思いでパリへ戻った。
日程の都合でいつもエズまで足をのばすことができない。
 

今回の目的地はエズのみ!ニースはおまけだ。

CIMG0074.JPGCIMG0080.JPGezu view.JPG

高い丘の頂上に城壁を巡らして敵の侵入を防いだ要塞村がそのまま保存されているのがエズの村。

迷路のように入り組んだ狭い道沿いには石造りの家々。
そのほとんどが、絵画や金銀細工、工芸品などののかわいいお店になっている。

高台の城跡にはエズ庭園があり、夏の地中海が眼下にひろがる。
ezu shop2.JPGezu shop.JPG
↑テーブルクロスを買った店。

「クロスとおそろいの柄のナプキンありますわよ。いかが?」←2枚お買い上げ。
 レジのおばさーん、さっきの客には英語だったのにどうして私にはフランス語?

なぜかマルセイユのセミのお土産グッズがいっぱいあった。 

nice moule.JPGCIMG0093.JPGCIMG0102.JPG

おまけのニース。 昼飯抜きで観光してたので腹ペコだ。

ムール貝はやっぱりいいねえ。
おいしそうなので思い切って生牡蠣まで食べた。
食あたりすると大変なのに〜!(大丈夫だった。ふう〜っ#)
CIMG0095.JPGCIMG0098.JPG
 

異国の果物屋・花屋・スーパーを見ると写真を撮ってしまう。
食べていたらニースのシャガール美術館に行きそびれた。ま、いいか。

posted by 裕峰 at 00:01| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

モン・サン・ミッシェルでひよこ草を食べた。

france Tsubasa@ 023.jpgfrance Tsubasa@ 021.jpgfrance Tsubasa@ 019.jpg
 
お皿にのっている緑色の草こそ、あの道端に生えている雑草のひよこ草。
 
ドレッシングなんかかけて、意外にもおいしかった!
 
でも、日本に帰って道端のひよこ草をぬいてきて食べる気はしないんだけど・・・・。
 
 
france Tsubasa@ 022.jpgfrance Tsubasa@ 026.jpgfrance Tsubasa@ 017.jpg
 
デザートもおいしかった。
 
レストランの中に入ると、鶏の置物がにらんでいる。
 
メインディッシュはひよこ草ではなく、モン・サン・ミッシェルの名物料理、巨大オム


レツ。島に渡ってくる巡礼者のために、ボリュームのある食事を!とマダム・プラー


ルが作ったのがはじまりだそうだ。
 
1個の卵を泡立たせて作った(昔の話かな?)オムレツはパンケーキか鯛焼きの

 

かわのような不思議な味がした。


食後にいいタイミングで飲み物を勧められてエスプレッソをたのんだ。

満腹の腹には丁度いい。 
 
昔、セキセイインコやウサギに与えていた、雑草のひよこ草を食べておいしかった

 

ことがショックだったが、55ユーロのランチなので、お味のほうは文句のつけよう

がなかった。さすがフランス!
 
france Tsubasa@ 030.jpgfrance Tsubasa@ 016.jpgfrance Tsubasa@ 036.jpg
                     ↑
レストランは王の門を入った所すぐにある、ラ・メール・プラール。 、 
 

france Tsubasa@ 014.jpg
  
 

モン・サン・ミッシェルへはパリ、モンパルナス駅からTGVでレンヌまで約2時間。レンヌでバス(レ・クーリエ・ブルトン社)に乗り換え、約1時間半。TGVの予約はホームページからできる。ディスカウントチケットもあるのでお得。チケットは駅で受け取る。パリからサン・マロへの直行TGVもある。サンマロからのバスルートは海岸線を走るので景色がきれいらしい。

posted by 裕峰 at 10:06| 長野 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

変なもの見っけ〜

three for four.jpg

M夫妻がフランスのシャルルドゴール空港のお土産屋さんにて?発見した『変なもの』。メニューの説明やパンフレットの日本語訳で笑える変な文を時々見かけるけど、これは、これで、意味がよくわかるからいいか・・。

(写真をクリックすると大きくなります。)
posted by 裕峰 at 10:36| 長野 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

今度行くときのために?

Ecoutarium1 フランス語順思考パターントレーニングディスク

Ecoutarium1 フランス語順思考パターントレーニングディスク
販売元 : フランスメディアショップ
価格 :


ネイティブのようにフランス語を語順そのままに理解。
フランス語を逐次処理して理解するために、最小単位の文節ごとに解釈。脳..
>>Seesaa ショッピングで買う

旅の必需品として、現地通貨の調達と現地の言葉がすらすら〜言えればいいなあ・・
 《お金がなくても話せて助かったいい話。
         モロッコ変、いえ、モロッコ編》
 ・現地に着いて、空港の銀行が閉まっていたことはありませんか?(すごい国だ!) 「銀行が開いていないからお金がないんだ!」と言い張り、バスに乗りこんだことがあります。 次の日払いに行きましたが・・。お金は中途半端にあるより、無いほうがいいかも〜。
・6時間も走らせたあげく、「あれっタクシー代がない・・かも・・しれない・・。」とあせってポケットの中をさがしていたら、「ずっと英語で話をしてくれて英語の練習ができたから・・いいよ。」と運ちゃんに言われたことが・・。 

・「フランス語だけじゃなく、英語も話せる方がモロッコでは仕事がいいんだ。」・・そうです。 お金はなんとか足りました。

今年8月にパリで3泊しましたが、数えてびっくり!七回目のフランスでした。「毎日フランス語を少しずつでも勉強していたら・・初めてパリに行った時から19年たっている今頃はぺらぺらだったのでは・・?」 

次に行きたい国(一度も行ったことのない国)は、イエメン マダガスカル ジンバブエ
イエメンの為にもアラビア語を勉強するかなあ・・?イタリア イギリスのもまた行きたい。欧米の国のコンパニオンバードを飼っている家を訪ねる旅もいいな。

ラベル:travel
posted by 裕峰 at 12:38| パリ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

行ったことのある国

今日の朝日新聞朝刊トップは『心の病30代社員急増』だって。 旅行にでもいけば良いのに・・・。
・・というわけで、今までふらふらと行ったことのある国リストを作ってみました。 

マルのなかの数字は複数回数。  暇・・・。 思い出すまま順不同。
ギリシャ(初海外の国) イタリア バチカン王国 

スイスC ドイツ フランスF イギリスB スペインA
カナリア諸島(スペイン) アイルランド リヒテンシュタイン
ベルギー モロッコB 南アフリカ共和国 

ナミビア(新婚旅行) アラブ首長国連邦 オーストラリア
ニュージーランド バリ(インドネシア) ベトナム  
中国(シンセン 香港B) タイA  マレーシア 台湾A 韓国C 
カナダ(イエローナイフ エドモントン バンクーバー モントリオール) 

アメリカ(ロサンゼルスA サンフランシスコ ニューヨーク)
ロシア(モスクワにトランジットで一泊)
・・・嗚呼、疲れた。
それぞれの旅日記はこれから少しずつ思い出していきます。
次回は行ってみたい国。 
 

ラベル:travel
posted by 裕峰 at 20:27| パリ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。